読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭ん中ダイアリー

私の頭ん中には黒歴史がいっぱい。人見知りゆえに起こった過去の悪夢の数々を綴るブログ。

クリぼっちって言葉が昔もあったらよかったのに

今日はイヴですね。でも私のクリスマスには長いことサンタは来てません。

 

 子どもの頃のクリスマスには確かに私にもサンタが来てました。

 

我が家はいつもクリスマスが近づくと壁に欲しいものを書いた紙を貼るようにいわれていました。その頃はまだサンタがすると信じていたのですが、と同時にそのシステムに疑問を感じていたのも事実です。

「サンタさんは家の中には入ってこないはずなのにこれでわかるのかな?」

という素朴な疑問です。それでもプレゼント欲しさに細かいことを親には告げずに書いてはいましたが(笑)

そのサンタですが、たびたび私には違うプレゼントを置いていきます。そのガッカリ感といったらありゃしない。年に一度のなんでも欲しいものがもらえるというイベントクリスマスに子供はどれだけそのプレゼントを欲しいと思って書いていたかわからないサンタなんていらない!

そんなサンタの裏切り行為に打ちひしがれる私を横目に、お目当てのものをもらって喜ぶ弟。マジで恨めしく思ったものです。まあ、これは単純に親が間違っただけなのですが、当時は親がサンタだと知らないわけですからこの怒りをぶつける場所がありませんでした。

 

クリスマスまで残念な思い出な私。結婚して子供ができたとき、自分の子供にはそんな思いをさせまいと心に誓っていました。しかし、時代は変わっ他のです。今では幼稚園児でもサンタは実在しない説を唱える子がたくさんいます。だから早々にサンタなどいないといい始めた我が息子。ほんと、今の子は私の子供時代と比べると何事も知るのが早いですね。

そんな我が息子は今年のクリスマスは友達と過ごすそうです。親としてちょっと寂しい気もしますが、実は私には嬉しいことでもあるのです。それは子供ができたとき私が一番に恐れていた

「もしも子供に友達ができなかったらどうしよう…きっとそれは私の遺伝だ」

そんな私の頭ん中にある思いを息子はいとも簡単に覆してくれたからです。息子は普通に友達が作れる子で良かったです。私のような思いはしなくていいのですから。

 

今はクリぼっち派が多いと聞きます。なんてすばらしい時代なのでしょう!

クリスマスを過ごすためだけに彼氏や彼女を調達していたくだらない時代もあり、なぜ誰かと過ごさなければならないのか?ひとりで過ごすなんて言えなかったあの頃はクリスマスは地獄の日でしかなかった私です。

そもそもクリスマスだからってみんなどうしてそんなに無理してたんでしょう?今の若者のほうがずっと自分に正直で大人だと思います。

 

それでもメリークリスマス。

 

広告を非表示にする